雨漏り

ベランダが原因の可能性

雨漏りを放置しておくと、大切な住宅の寿命を縮める原因になってしまいます。専門業者に依頼すると、希望の日時に現地調査を行い、雨漏りの原因を調べてくれます。漆喰の崩れやスレートや瓦のずれや、ひび割れなども原因のひとつです。

雨

雨漏りの修理方法について

雨漏りを放置しておくとカビや劣化、ひどくなると建物の強度の低下などの問題が起こるため、雨漏りに気付いたらできるだけ早く雨漏り修理をする必要があります。雨漏り修理は自分でやろうとせずに、信頼できる業者を選んで依頼するのがおすすめです。

メンズ

処置とその内容

屋上やベランダなどにおいては、防水工事を行うことが重要である。特に経年により劣化しやすい部分であり、劣化が進むと宅内への水の侵入に繋がるケースもある。工事では、塗料を塗る対処などで済むケースが多く、1日あれば対処してもらえる。

ベランダ

大切な住まいの水もれ対策

ベランダの水もれは放置しておくと外壁を劣化させたり階下の住人とのトラブルを招いたりするおそれがあるため、定期的なリフォームによって防水対策を講じる必要があります。防水工事にはFRP・ウレタン・シート・アスファルトなど使う素材によっていくつかの種類があります。

雨漏り

安全な体制で補修をしよう

雨漏りが発生してしまったら、まず室内の家具や濡れては困る品物を室外に運び出しましょう。床にはタオルなどを敷き、バケツやたらいで雨水を受け止めます。具体的な補修については雨が止んで、安全になってから行います。作業そのものはリフォーム業者など専門家に任せるようにしましょう。

住宅を雨漏りから守る

ベランダ

早期対応が重要になる

ベランダは屋根と同様に建物を紫外線や風雨から守っていますので、どうしても劣化してしまいます。劣化してしまうと床面にひび割れなどが発生して、そこから雨水が侵入し雨漏れになる可能性があります。雨漏りの発生は建物の寿命を短くしてしまいますので、早めに専門業者と相談してベランダの防水工事を行うことが大切です。ベランダ防水ぼ施工方法には大きく分けて3種類があります。1つ目は塗膜防水という工法でウレタンやFRPなどの塗料を塗りつける方法です。塗料ですからどんな下地でも密着して継ぎ目のない仕上がりにすることができますが、劣化が早いため定期的な塗り替えが必要になります。2つ目の方法はシート防水と呼ばれるもので、合成ゴムや塩化ビニールの膜を貼り付ける方法です。軽量でコストも安く済ませることができますが、シートのつなぎ目から水が漏れてしまうという危険性があります。3つ目はアスファルトを染み込ませた素材を貼り合わせていく方法で耐久性は高いですが最近ではあまり使われていません。ベランダ防水の方法には様々なものがありますが、いずれにしても定期的な点検が必要になりますので、専門業者と相談して施工することが大切です。ちょっとした水漏れが大きな被害を引き起こすこともありますので、ひび割れなどからの水漏れが見つかった場合には、早めに専門業者と相談しなければなりません。早期対応と定期的な点検を怠らなければ費用的にも安く抑えることができます。

Copyright© 2018 ベランダの防水施工方法【ウレタンやFRPなどの塗料を塗っちゃお】 All Rights Reserved.