安全な体制で補修をしよう

雨漏り

雨が止むまでは我慢

多くの場合雨漏りは何の前触れもなく、突然発生します。たかが雨漏りと油断していると、室内が水浸しになったり、酷いと屋根や壁の内部が腐食して、リフォームが必要になる場合もあります。雨漏りが発生するのは基本的に降雨中なので、具体的な修理を行う前に応急処置をして、被害を最小限に抑える必要があります。まず雨漏りが発生している室内では、家具類や濡れて困るものを出来るだけ室外に運び出してください。最初のうちは小さな範囲の雨漏りでも、時間が経つと室内の広範囲に広がる可能性もあるので、注意しましょう。また床に雫が落ちてくるようなら、バケツやたらいなどを置いて、床を保護しましょう。さらに出来るだけ広範囲にタオルや雑巾などを敷き詰めておくと安心です。また雨が風によって吹き付けてきている場合には、窓枠から浸水ケースがあります。こうした雨漏りの場合には、窓枠部分に雑巾を詰めたり、床部分をシートで覆うなどの処置を行ってください。天井裏に入っって原因箇所を探したり、屋根にブルーシートを被せるといった対処法もありますが、これらは危険性もあるのでなるべく避けましょう。特に台風などの最中では転落の可能性が高いです。雨が止むまでは応急処置で我慢し、雨が上がって安全になってから、外の様子などを確認して雨漏り箇所を探してください。補修については自分で行うのではなく、リフォーム業者などに依頼して、専門家に修理を行ってもらうのが最も適切な方法です。雨漏り箇所は見つけにくく、素人が行うと逆に被害を広げる場合もあります。ただ、リフォーム業者が来る前に、雨の予報が出ている、というケースもあります。こうした場合には屋根裏からの調査を中心に、安全に十分留意して雨漏り箇所の補修をしましょう。この際にコーキング剤などをホームセンターで購入しておくと便利です。

Copyright© 2018 ベランダの防水施工方法について【専門業者と相談して施工する】 All Rights Reserved.