処置とその内容

メンズ

処置にかかる時間について

一戸建て住宅などにおいては、屋上やベランダなどに防水加工を施すことが重要になる。新築時などにおいては、防水加工が施されていることが通常であるが、経年と共に劣化しやすいものである。屋上やベランダでは、直射日光を浴び続けることが多く、風雨にもさらされやすいため、次第に加工の効力が弱まる可能性が高い。防水加工の効力が弱まると、隙間などができてしまい、その部分から雨水が宅内に侵入し雨漏りに繋がることが多い。その為、一定期間が経過した住宅などにおいては防水工事を行うことが必要になる。また、築年数の経っている住宅においては特に防水工事が必要である。防水加工の技術については年々進化しており、従来の加工では不十分であるケースが多い。その為、最新の防水工事を行ってもらう必要がある。防水工事については、工事内容にもよるが1日程度で完了してもらえるものが多い。防水工事では、特殊な塗料を塗ることで加工を施すケースや、シートを敷き詰めることで対策が取られるものなどがある。塗料による対策では、対策を行う面積にも寄るが塗料を塗っていくのみで工事が終わるため、数時間程度で対応してもらえることが一般的である。防水シートなどによる対策においても、屋上やベランダなどにシートを敷き詰める処置が行われるのみである為、比較的短時間で工事をしてもらえる。宅内に水が浸入しているなど内部に劣化がある場合には、その部分の工事が必要になるケースもある。

Copyright© 2018 ベランダの防水施工方法【ウレタンやFRPなどの塗料を塗っちゃお】 All Rights Reserved.